2007年12月16日

ピエール・マルコリーニのエコバッグ

これ、ピエール・マルコリーニのエコバッグです。


      ピエール・マルコリーニのエコバッグ


このエコバッグはピエール・マルコリーニのグランスタ店で購入しましたが、銀座店でも販売しています。1365円。
グランスタでは発売してすぐに売り切れになってしまい、しばらく予約待ち状態でした。今はふつうに買えます。

ピエール・マルコリーニのエコバッグ、おしゃれでしょ? 白地にMARCOLINI(マルコリーニ)と文字を入れただけ。すっきりしたデザインです。

大きさは、タテ35センチ、ヨコ30センチ、マチが15センチといったところ。キャンバス地なので、小さく折りたたんでいつもバッグに入れておくというわけにはいきませんが、盛大にお買い物をしちゃったワというときに役立ってくれます。
ワインとおつまみを買ったときとか、デパ地下でお総菜をたくさん買い込んだときとか、小さめケーキの箱もすっぽり。雑誌もすっぽり入る大きさなので重宝しています。

内ポケットと、サイドに携帯用ポケットをつけてくれたら、立派なトートバッグとして活用できるのにな〜。

そうそう、このバッグの中に、チョコレートボックスを詰めて、上にアレンジした花束をのせてプレゼントしたら素敵じゃないかな〜。誰かそんなふうにしてプレゼントしてくれないかなあ。。。

posted by みなみ at 18:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | chocolate

2007年12月11日

ゴディバ@汐留シティセンター

ゴディバのチョコレートショップが汐留にあるって知らなかった・・・迂闊?

偶然、汐留シティセンターに立ち寄ったところで、見つけた。1Fにあります。

チョコレートだけでなく、アイスクリームやショコリキサーなどのドリンクメニューも揃えたお店です。店内は三角形のようなスペースで、上手にビルの空間を利用しているなという感じ。おしゃれなスペース利用になっています。

白を基調にした店内はとても明るくてチョコレートが映えますね。

店内奥に立ち飲み用のドリンクコーナーも。
でもね、ここで飲むより、ゴディバのお店を出て、ゴディバショップの前にあるテーブルへ。ゴディバが提供しているスペースではなく、ビルの共用スペースだと思うのですが、ガラス貼りの壁に面して、テーブルが2つあります。ここでテイクアウトしたショコリキサーを飲むのがオススメ。

そのテーブルから外を見ると、正面には「旧新橋停車場」。その前にあるファンタジア号という「銀河鉄道999」みたいな電飾機関車が17時になると点灯するんですよー。ビルの谷間にぽっかり空いた広場に、光る機関車。なかなかロマンチックです。甘くて温かいホットショコリキサーのカップを両手で包み、年末の慌ただしさをひとときだけ忘れてみては?

ゴディバのチョコレートドリンクは甘めだけれど、寒い季節には、その甘さが幸福な気分にさせてくれます。


   ゴディバ汐留シティセンター  ファンタジア号

posted by みなみ at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate

2007年11月28日

ゴディバ(GODIVA)のクリスマスカレ 自主回収へ

ゴディバのショップでやたらと目についていたのが、クリスマス限定のコレクション。

先日も、クリスマスツリーなどのイラストが描かれた赤と白の2色の包み紙が可愛いカレを、自分のおやつ用に買おうかと迷ったばかり。結局、別のカレを買ったのだけれど。

そのゴディバの「クリスマスカレ ミルクキャラメル」(白い包み紙)に金属片が混入していたのが見つかったそうで、ゴディバは自主回収を始めたそうです。
今のところ、金属片が見つかっているのは「クリスマスカレ ミルクキャラメル」の方だけのようですが、「クリスマスカレ ダークヌガティン」(赤い包み紙)の方も併せて自主回収しています。

ゴディバ クリスマスカレ ミルクキャラメルゴディバ クリスマスカレ ダークヌガティン

購入してまだ手元にチョコレートがある方は、食べずに、ゴディバへ連絡を!!
ゴディバの回収係連絡先は 0120-015-680 。


フランスの工場で金属片が紛れ込んだ模様ですが、チョコレートは子どもも口にするものなんですから、もっと細心の注意を払ってほしいものです。ゴディバの信用も失墜しちゃいますよね。



自主回収商品についての詳しい情報は ↓のページの「お詫びとお知らせ」をクリックして。
http://www.godiva.co.jp/welcome.php


タグ:ゴディバ
posted by みなみ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。