2007年02月10日

ペニンシュラホテルのチョコレート

香港の高級ホテル、ザ・ペニンシュラ。
ペニンシュラって、響きがいいよね〜。
なんとなく、ひれ伏したくなる。って私だけか。

私も、お金持ちOLだった頃、香港のペニンシュラに行ったことがある。
お金持ちOLだった頃(もあるのよ!)と胸を張っておきながら、
実際にはそこに泊まったわけではなく、
「お茶しに」行っただけというのが、我が人生の淋しいところなんだけれど。

ペニンシュラは、そのチョコレートの美味しさでも有名。
でも今のところ、関東では、日本橋三越デパートでしか手に入らない。

(バブルの頃は、そごう各店で売っていたのにね〜。
現在、有楽町に「ザ・ペニンシュラ東京」を建設中なので、秋に完成すれば、もちろんそこで買えるようになるでしょう)


ペニンシュラのトリュフ

その日本橋三越にあるペニンシュラのショップでは、香港から空輸した各種のトリュフが263円から買える。
写真は、以前わたしが買った6個入り。上段左から、ミルク、ヘーゼルナッツ、コニャック。下段左から、シャンパン、アイリッシュ、ダーク。
シャンパントリュフは、シャンパンの香りがかなり濃厚でした。

トリュフ以外のプラリネ(ボンボンショコラ)もあり。
自分の好きなチョコレートをチョイスして、詰め合わせにしてくれる。
(バレンタイン時期は、詰め合わせの種類が決まっている可能性もあるので注意)

ペニンシュラのボックスと袋

上の写真は、自分用に買ったものなので簡易パッケージだけれど、ギフト用はもっと高級感ある箱。
おしゃれなのは、ペニンシュラの手提げ袋(後ろに少し写っているのが、それ)。

このバレンタイン時期、ゴディバやらヴィタメールやらデメルやらの手提げ袋を持って歩いている人が多いでしょ? 
そんななか、この袋は目立つんじゃないかな。

デパートで買えるチョコレートとしては、これ、オススメです。

日本橋三越の新館地下2Fにショップがある。
日本橋三越のHPはこちらから。

posted by みなみ at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate

「ガレー」のカカオ創作料理

先日、IL DIVOのコンサートを聴きに、友人とふたりで東京国際フォーラムへ。
フォーラム周辺のお店は混むだろうからと、コンサート前の腹ごしらえは、有楽町西武2Fのショコラトリー&カフェ&レストランの「ガレー」をチョイス。

galler.jpg

パスタにしようかな〜と迷ったものの、結局ふたりとも、カカオ創作メニューのフレンチプレート(1,800円)に。


ポタージュスープとパン、そしてプレートには、フレッシュサラダとたっぷりの温野菜、マリネ、そしてメイン料理(わたしは肉、友人はホタテ貝)が彩り鮮やかに盛られている。
夕食にするには少なめかな〜と思ったけれど、なんのなんの、食べているうちに満腹、満腹でした。

このメニューはカカオ創作料理。ただのフレンチじゃあない。
スープには刻んだチョコレートが散らしてあり、サラダには、とろ〜りとしたチョコレートソースがかけてある。
微かにチョコレートの味…ではなく、《しっかり》チョコレートの味。甘くはなく、カカオの風味が口の中に広がるの。
「ソースっていうより、チョコレートそのもの!だよねえ」と友人が面白がっていました。

ラッキーにも「2月中はデザートがサービスです」とのことで、最後はアイスクリームとコーヒー(または紅茶)で締め。

コンサート前に軽〜くお腹に入れておきましょ♪…のつもりが、しっかりと、しかも贅沢に、お腹を満たしたのでありました。

この日はコンサートに行くのでデジカメは持参せず、料理の写真が撮れなかったのが残念。(冒頭に掲載した写真は以前、撮影したもの)


ガレーのHPはここ。
posted by みなみ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate

2007年02月09日

オリオール・バラゲの「マスクレータ」

ねえねえ、昨夜のTVチャンピオン2「チョコレート女王選手権」(テレビ東京)、見た?
初代女王になったパティシエの方、すごかったよね〜。
さすが「わたしのチョコレート人生に懸けて優勝したい」と言い切るだけのことはあり、初代女王にふさわしい知識と落ち着いた物腰でした。

味オンチの私には考えられないことだけど、やっぱりパティシエともなれば、あのくらいの舌を持っていないとダメなのかな。
おまけにあの記憶力。ボケボケの私は、食べたばかりのチョコレートの名前を覚えることさえできません。とほほ。(これ、かなりヤバイ?)

ところで、番組の中に登場したオリオール・バラゲの「マスクレータ」。

あれはね、「大きな柿の種みたいな」ってヒントで私もわかりました。食べたリアクションで当てるっていう前振りの段階で、もしかして?と思ったし。

「マスクレータ」のパチパチ弾けるおもしろさって、プレゼントにもピッタリだものね。
面白さだけが注目されがちだけど、あの味の複雑さも魅力だと思う。
スペイン好きな私としては、オリオール・バラゲは、もっとみんなに知ってほしいショコラトリーです。
わたしの本サイト(ちょっと贅沢に、大人が愉しむチョコレート)でも紹介しているので、お時間ある方はのぞいてみてくださいな。

posted by みなみ at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。