2007年04月30日

テオブロマのユニクロTシャツ

GW序盤、みなさんいかがお過ごしでしょうか?(PART-2)

今日はほんとうに良いお天気で、お布団干しにぴったり(GWには不似合いだなあ)。
でも、ぽかぽか陽気を通り越して、紫外線めちゃめちゃつよそ〜でしたね。

こんな夏のような日には、アイスクリームがいくつでも食べられそうな気がしちゃうんですよね〜。陽射しの誘惑ってやつでしょうか。
それでもって、これからの季節は夏ヤセどころか、どんどん太っていくんですよね〜。
でもスイーツ太りって、なぜか自分を許せてしまう。みなさんはそんなことないですか?

今日はお出かけの帰りに、ユニクロに寄りました。
急に夏の陽気になったら、Tシャツが無性に欲しくなったもので。


ところで、ユニクロの企業コラボTシャツに、スイーツシリーズがありますね。
チラシなどでご覧になった方も多いと思いますが、そのスイーツシリーズのなかに、「テオブロマ(THEOBROMA)」があります。お気づきでした?

これは、日本を代表するショコラティエ土屋公二氏のお店『ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ』とのコラボレーション。
ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ』の本店は渋谷区富ヶ谷にあります。
テオブロマというのはギリシャ語で、カカオの木の学名なんですね。

ショコラトリーである「テオブロマ(THEOBROMA)」とのコラボTシャツは、もちろんチョコレート色。
今日は、そのチョコレート色のTシャツに心惹かれつつも、結局、他のデザインを選んでしまいましたが。

なんだか最後が決まらない話になってしまいました。

ではでは、明日からはGWも中休み。
ちょっとだる〜い気分が漂うところですが、がんばっていきましょー。

posted by みなみ at 22:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | chocolate

2007年04月29日

六本木ヒルズでピエール・エルメ・パリのマカロンを

GW序盤、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

神宮ではハンカチ王子が2万8000人の観客を沸かせ、
新丸ビル周辺はGWのビジネス街とは思えない人出でごったがえし……と、
にぎやかなニュースが飛び交っていますね。

さて、GW中、六本木に行こうかなと思っていらっしゃる方へ。
いま六本木といえば、エレベーター騒ぎのヒルズではなく、東京ミッドタウンかもしれませんが、あえて、六本木ヒルズでのイベントのお知らせを。

アメリカン・エキスプレスカード主催のイベントです。


ストレスフリー・モーメント
期間: 〜5月6日(日)
場所: 六本木ヒルズアリーナ・テレビ朝日イベントスペースumu

イベントの名前のとおり、ストレスフリーの心地よさを提供しようと、
アーティストによる公開収録イベントやアロマトリートメント体験などが開催されます。

それと!! ここからが本題。
会場には、ストレスフリーをテーマにした“ストレスフリー・モーメント”カフェがオープン。
青山のレストラン「カシータ」がプロデュースするメニューのほか、
ピエール・エルメ・パリのマカロンと数量限定スイーツが!!
ちょっとメニューをのぞいたら、
うっきゃー!「ミスグラグラ(マカロンアイス)」がおいしそーーーーですっっ!

カフェの開店時間は、11:00〜21:30(L.O.21:00) 最終日は〜18:00
(公開収録中は、一般客はカフェにはいれなくなるようなので注意)

アメリカン・エキスプレスのカード会員なら、すべて会員プライス(半額!!)で。
当日新規入会の方もOKだそうですよぉ。


名古屋と大阪でも同様のイベントを開催しているようですが、カフェは東京のみ。

posted by みなみ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | chocolate

2007年04月26日

チョコレート消しゴム

2センチ×5センチのちいさなチョコレートを見つけました。
小さくても、ちゃんと板チョコレートです。

といっても、残念ながら食べられません。
実はチョコレートの消しゴム。下の写真を見てください。

チョコレート消しゴム



写真のノートと鉛筆は本物ですが、ミニサイズのチョコレートは消しゴムです。
以前の記事「ゴディバと鉛筆」に書いた『五十音』というボールペンと鉛筆のお店で見つけました。
けっこうリアルに出来ているんですよ。ミルクチョコレート色。
これでチョコレートの香りもついていれば最高なんだけど。あ、間違えてかじっちゃう人もいそうだから、それはマズイですね。

一緒に写っている鉛筆も、その『五十音』で買ったもの。ふつうの鉛筆より太くて、とても持ちやすいんです。4Bの鉛筆がちょうど欲しかったので、迷わずお買いあげ。思いついたことをザザザッと書きなぐるのにピッタリです。


この『五十音』というお店、銀座のどまんなかにあるんですが、たぶん見かけたことのある人って少ないんじゃないかな。
私もつい先日まで、「銀座にあるの?どこどこ?見たことないぞ?」と不思議に思っていたんです。

それで思い切って、銀座の脇道を探索することに。
あっちの脇道、こっちの脇道、と歩き回ったんですが、おもしろかったですよぉー。
銀座って、ビルとビルの脇に細い道がたくさんあるんですね。ビルの谷間の「すきま」じゃなく、ちゃんと通り道。
いつもはまったく気が付いていなかった。というより、小さな脇道を気に懸ける気持ちが最初からなかったんですね、きっと。
うわあ、こんなところに道があるぅー!って驚きがいっぱいでした。

この脇道の先は行き止まりかな?と思うと、横に曲がってまだ続いていたり。そしてその先にちゃんとお店があったり。
ビルという外壁に守られた、ひっそりした空間があちらこちらに残っていて、銀座の別の顔がそこにはありました。

『五十音』も、そんな脇道のひとつをずずずいっとはいったところにあります。
「ここ、通っていいのかなあ?」と思うような道を恐る恐る歩いていき、ひょいと横をのぞいたら、あはは、あった、あった、『五十音』の看板!

ボールペンと鉛筆の店・五十音

『五十音』は、昭和ノスタルジーと、ポップな可愛らしさと、粋な遊びごころがごちゃ混ぜになった楽しいお店でしたよ。

お店の目の前は宝童稲荷。ちょこんと猫が鎮座しておりました。

宝童稲荷の猫

みなさんも、銀座の脇道をたまにはのぞいてみませんか? 思わぬ発見があるかもしれませんよ!


posted by みなみ at 13:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | chocolate
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。