2011年10月02日

『鉄は魔法つかい』を読んで

『鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ「鉄」物語』という本を読みました。
著者は畠山重篤さんという気仙沼で牡蠣の養殖をされている漁師の方。

環境や食に興味のある方に、おすすめの本です!



畠山さんが始めた「海は森の恋人」運動については、小中学校の教科書にも紹介されているそうなので、ご存じの方が多いかもしれません。

私は畠山さんがゲストのテレビ番組を見て初めて知ったんですが、そのときの話がおもしろくて、さっそく本を読んでみたんです。

豊かな海を守るには森が大切だというのは聞いて知っていましたが、そこに「鉄」が絡んでいるとは驚きでした。


鉄ってすごい。


鉄をめぐる、さまざまな地球規模のダイナミックな営みが次々に紹介され、読んでいてワクワクしました。
迷惑だなあ!!っていつも思ってた黄砂が、実は海の恵みをもたらしてくれる…というのも驚き。来春、黄砂が飛んできても、これまでのようにブツブツ言えません。

鉄橋の下ではたくさんの魚がとれる、なんていう話も面白かった。


この本は、難しい研究内容もやさしい語り口で説明してくれているので、化学がちんぷんかんぷんの私でもついていくことができました。
イラストで説明を補足してくれるのもありがたかった(笑)

高校時代で終わったと思っていた化学だけど、
実は、身の回りにはたくさんの化学があるんだなあ、、、なんてことも思ったりして。


「恵み」としかいいようがない豊かな気仙沼の環境が、3月の震災でめちゃくちゃに破壊されてしまったというのは、痛ましい話です。
でも、畠山さんがテレビ番組でもおっしゃってましたが、気仙沼の海には確実に魚が戻ってきているとのこと。
ちょっとうれしくなりますね。

ただ一方で、原発事故の海への影響は、ほんとうのところ、どうなんだろうって、心にひっかかっているのも事実なんですけれど。。。

posted by みなみ at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | book
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。